☆☆ブルーライト効果4団体統一見解☆☆

   〜LED照明の生体安全性について〜

JLEDSは、(一社)日本照明工業会、(一社)日本照明委員会、(一社)日本照明学会とともに、
表題の解説書を、照明器具エンジニア・販売者向けに、公開いたしました。
青色光が網膜や生体リズムに与える影響について広く取り上げられていますが、
青色光は自然環境にも存在し、生体にとって有害と断じるものではありません。
その基本は、

1.自然光、人工光を問わず、光を正しく測定し、その値に基づいて、正しい対処をすること。
2.光が生体に与える影響(症状)は、さまざまであり、それぞれの対処法が必要であることです。

以下に公開される統一見解を参考に、LED照明の健全な啓蒙活動の一助になる事を願っております。



     ・ブルーライトの正しい理解の為に

     ・補足資料 【照明学会のホームページ参照してます】